週刊少年ジャンプの価格の推移から考える物価の上昇について

その他
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプの値段がいま幾らか知っているでしょうか?

私の購入していた頃は190円くらいと記憶していましたが、いったい今はいくらするんでしょうか?

ジャンプの値段でおおよその年齢が分かりますね…

2020年5月時点でのジャンプはなんと290円もします!

190円だった30年前の1990年から、段階的に上がり続けて30年で1.4倍の値段になっています。

「1.4倍」って聞くとすごい値上がりしているようですが、

物価上昇率では毎年「1.4%」ほど値上がりし続けているだけだったりします。

「1.4%」と聞くとそれほど大きな数字だと思わない方も多いんじゃないでしょうか?

でも、これが積もり積もると大きな値上がりに繋がっていきます。

(2021.01.18追記)

2021年には、ついにジャンプの価格が300円に突入しました!

日本の金融政策を決めるところである日本銀行も、

年2%の物価上昇を目標にしていますので、

今後も物価上昇が続く可能性は高いと考えられます。

(日本銀行 金融政策の概要)

スポンサーリンク

今後も物価上昇率=1.4%で値上がりした時のジャンプの価格

30年前の1990年を起点に、物価上昇率=1.4%で上がり続けた場合の価格は以下の通りです。

年度実際の販売価格物価上昇率=1.4%で上がり続けた場合
1990190円190円
2000220円218.3円
2010240円250.9円
2020290円288.3円
2030???331.3円
2040???380.8円

1990~2200年の販売価格が、物価上昇率=1.4%で上がり続けた場合の価格とかなり近くなるのが分かります。

そして注目して欲しいのが、2030年と2040年の価格です。

あくまでも物価上昇率=1.4%で上がり続けた場合の仮定ですが、

20年後の2040年にはジャンプの価格は380円となり1990年の2倍にまで上がることになります。

サラリーマンも子供も、昔と同じ小遣いでは足らないことがよく分かります(笑)

昔は1000円のおこづかいで、

ジャンプ×4冊と、駄菓子が買えたのに…

これはお金の価値が下がった、ということを意味します。

ジャンプの価格は大きな経済的出来事と同調

物価上昇率とは別の話ですが、日本にとって大きな経済的出来事があるとジャンプの販売価格も上がっています。

1973.11:オイルショック    ジャンプ価格:100円→120円

1989.4  :消費税 3%導入   ジャンプ価格:170円→180円

1997.4  :消費税 5%導入   ジャンプ価格:200円→210円

2014.4  :消費税 8%導入   ジャンプ価格:240円→255円

2019.10:消費税10%導入  ジャンプ価格:270円→290円

今後、消費税は下がることはなくとも、上がることはあるでしょう。

その度に、ジャンプの価格も上がるかもしれません。

ジャンプ以外の価格も上がり続けている

ここまでは週刊少年ジャンプの価格について考えてきました。

値上がりしているのがジャンプだけならまだしも、当然のことですが他の商品/サービスの価格も上がり続けています。

小学校の卒業アルバムに当時の物価が載っていましたが、この26年で軒並み1.1~1.5倍ほど価格が上がっていました。

各商品の25年前と現在の価格については、

【25年前の卒業アルバムに当時の物価が出ていました。現在と比較すると…】

で比較しています。

25年前の卒業アルバムに当時の物価が出ていました。現在と比較すると…
「物価が高くなったけど給料はそのままなので生活が苦しい」って人も多いでしょうが、実際のところ物価はどれくらい上がっているんでしょうか?1993年の小学校の卒業アルバムに当時の物価が書いていたので、現在の物価と比べてみました。それにして...

ここでもお金の価値が下がった、ということが分かりますね。

価格が上がった分、私たちの給与も増えていれば問題ないのですが、、、

サラリーマンの平均年収の推移

サラリーマンのここ30年の平均年収は以下のようになります。

年度平均年収
1990425
2000461
2010412
2019441

多少の増減はあるものの、ほっとんど変わっていませんね。

仮に1990年に比べて物価は1.4倍で年収はそのままだとすると、

私たちは年収が70%に目減りした生活をしているのと同じことになります。

社会保険料が増えていることを加味すると、手取りはさらに減少していることになります。

何もしなければジリ貧の暮らし

現時点でカツカツの生活をしている人は、

知らず知らずのうちにジリ貧状態になっている恐れがあります。

私自身、今年で40歳になりますが、

同年代の多くの友達が住宅ローンと生命保険、自動車ローンでギリギリの生活をしています。

会話をしていると、貯金すら出来ていない可能性が高いように思います。

実際、日本全体の20%以上の家庭が貯金ゼロだとも言います。

社会に出て約20年、

頑張って働いてきた結果にしては寂しい限り…

今後も年功序列で給料が上がるならまだしも、

上がらない場合は、現在の生活水準がキープできなくなります。

直近のコロナショックでこの危険性に改めて気づいたかたも多いんじゃないでしょうか?

お金の価値がどんどん減り続ける、という事について、

【えっ!?1万円が1万円じゃなくなる!?】

でもう少し掘り下げてお話ししています。

えっ!?1万円が1万円じゃなくなる!?
以前の私はこのように思っていました。貯金が増えるほど、生活は楽になっていく。日本では学校でお金について教わらないので、このように考えている人も多いのではないでしょうか?でも実際には、今の1万円1年後の1万円1...

まとめ

人口が増え続け、日本経済がどんどん成長していた時代ならいざ知らず、

超高齢化社会で人口が減り続ける状況では、個々人でなんらかの対応をする必要があります。

  • 社会保険料が値上がりすることにより給料が目減りしている/し続ける
  • 普通の人はどんどん貧乏になる

この2つは自覚しておいた方がいいでしょう。

この状況を乗り越えていくためには、自分で動き出す必要があります。

例えば「楽天経済圏」を利用して大量のポイントをもらう事で、

普段の生活での支払いを節約したり、

【楽天経済圏とは】お金と時間を節約できる最強!のポイ活
楽天経済圏にどっぷり漬かっているおかげで、この1年での獲得ポイントは24万円分を超えています。特に今年は、出産準備があったため、大量のポイントを獲得することが出来ました。何かと物入りで、いっぱい買い物しました(笑)...

最初は少額からでもいいので、「投資」を始めて、

お金がお金を産むのを経験するのも、非常に有意義だと思います。

お金のない人が1万円投資しても人生変わらないのか!?
投資について、友達にこんな事を言われたことがあります。1万円投資しても、人生変わらんやん。恐らく彼の言わんとしていることは、1万円が0円になっても、倍の2万円になったとしても人生変わらない大きな額を投資出来...

おまけ:数字のマジック

いくら値上がりしたとはいえ、ジャンプ1冊は300円で買えます。

この「1冊は300円」というのが数字のマジックだったりします。

通常、ジャンプを1冊買って満足する人は少ないと思います。

続きが気になるな~

と思って、次の号、そのまた次の号と買っていくものです。

好きな作品を読むために、何年も買い続けるのも珍しいことではありません。

つまり、ジャンプの値段は「1冊」ではなく、「年間」で考えるべきなのです。

(1年分だと、300円×4冊/月×12ヶ月=14,400円もします)

ジャンプ1冊300円で売っていたら、

300円で安いし、買っちゃおうか。

と言う人でも、ジャンプ1年分で売っていたら、

1年分で14,400円か、高いし止めとこ…

となる人もいるでしょう。

「数字を小さくして、安いように見せる」

というマジックはいたる所にあるので、

気を付ける必要があります。

住宅ローンもそうですね。

「月々のローンは〇万円、この価格で夢のマイホーム!」

みたいな宣伝に引っかからないようにしたいです。

実はお金については「知っているだけで得すること」が沢山あります。

そんな「知っているだけで得すること」を

1記事=3分以内で読めるくらいの長さでまとめたのが、

【3分で読めるお金の基礎知識】です。

すきま時間にサクッと読めるので、

お金の知識をちょっとずつ高めていって下さい!

知らない人ばかり=お金の基礎知識
「知らない人ばかり=お金の基礎知識」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました