【高すぎる自動車保険】一括見積りで見直したら ⇒ 半額以下に…!

※アフィリエイト広告が含まれる場合があります。
自動車保険
この記事は約5分で読めます。

突然ですが質問です。

  1. みなさんは自動車保険をどこで契約しましたか?
  2. その際の補償内容は、しっかりと理解していますか?

ボクは過去にこの2つをテキトーにしていたので、気が付けば、

えっ!?

ディーラーで契約したけどボラれてるやん…

という失敗をしていました。

 

今回は、

  • なぜディーラーで契約していた自動車保険でボラれていたのか
  • 保険でボラれる人の特徴×2つ

について説明していきます。

 

ディーラーで自動車保険を契約したものの、

「保険料が高いな…」「担当者の対応がいまいち…」とモヤモヤしている人にとって、

参考となる記事となっています。

知らないうちにムダに高額な保険料を支払っていた

ゴルフVIIを購入した際には、

自動車保険について、まっっったく調べていませんでした。

結果、ディーラーで勧められるがままに自動車保険の契約をしました。

 

無防備だったな、、、と反省しています。

 

その内容はというと、

  • 契約は3年縛りで、その間は等級が上がらない(=無事故でも翌年の保険料が安くならない)
  • なんとなく心配だから車両保険と特約をモリモリ
  • 3年分の保険料をニコニコ現金払い(13万円)

我ながら、営業トークに言いなりのラクなお客さんだったと思います。

自動車保険の見直しで、保険料が半額以下に…!

自動車保険の更新時に、

インズウェブ を活用して自分なりに調べたところ、

  • ネット型の保険会社で1年契約
  • 車両保険やムダな特約をカット

することで、保険料は1年で2万円(3年で6万円)と保険料を半額以下まで下げられました。

 

ネット型の自動車保険の利点は、以下の3つです。

  1. 保険料が安い
  2. 補償内容と保険料を自分で何度もシミュレーションできる
  3. 契約期間中でも、いつでも補償内容が見直せる(保険会社による)

 

実店舗でセールスマンと対面する場合、

補償内容により保険料がどれだけ違うのか分かりにくく、

「〇〇は付けといた方がいいですよ」

と、セールスマンの思惑通りになりがちです。

その点、ネット型であればセールスマンは気にせずに、

自分の納得がいくまで補償内容について吟味する事ができます。

 

なお、上記で保険を見直すにあたり、

車両保険やムダな特約をカットしたと書いていましたが、

全てがムダであるとは思っていません。

 

自分自身も追突事故に遭った際に、

「弁護士特約」に入っていて助かった過去があります。

過去記事にて紹介していますので、

補償内容を見直す際の参考にして下さい。

弁護士費用特約って必要?実際にもらい事故で役に立った体験談
...

保険でボラれる人の特徴×2つ

保険会社に騙されやすい人のパターンは以下の2つです。

  1. 「〇〇さんにはお世話になっているから」と付き合いを大事にする人
  2. どの補償が必要か自分で調べない人

どちらも過去の自分です。

 

同級生に保険外交員がいるのですが、

彼に勧められるがままに保険を契約している友人が何人もいます。

「勧めてくれた自動車保険や生命保険やらで、

ボーナスの使い道はほとんど保険やわ。」なんて人までいます。

ボーナスなんて、

いつカットされるか分からないのに。。。

 

その結果、

  • 保険外交員の同級生:年収1千万プレーヤーでがっぽり稼ぐ
  • 保険を契約している人:保険の支払いでいっぱい、いっぱい、、、

同級生を喰いものにするって、鬼畜でっせ。

 

この同級生の保険外交員にとって大切なのは、

  • 保険に入った友人の生活
  • 自分の保険を買ってくれる友人

なのは言うまでもありません。

もちろん、保険外交員がみんなそうとは言いませんが、

気を付けるに越したことはありません。

 

最近、週間ダイヤモンドの保険特集を読んでいると、

保険会社の人が以下のような受け答えをしていました。

顧客が能動的に保険を検討することは、通常少ないですからね

「能動的に検討しない」=ボレる

ってこと??

大切なお金をボラれないよう、気を付けましょう。

まとめ

以上、自分自身が自動車保険でボラれた失敗談と、

ボラれる人の特徴×2つでした。

自動車保険でボラれる可能性をグッ!と抑えるためには、

自分から(能動的に)補償内容を検討する。

事がスタートとなります。

 

そのスタートに自動車保険の一括見積りは最適です。

  1. 複数の保険会社の概算保険額を、一回の手間で調べられる
  2. 保険会社によって保険学が大きく異なる事が分かる

一括見積りをすることで、

  • 現在の保険額で満足  ⇒現在の保険に満足できる
  • 現在の保険額が高すぎる⇒保険を見直すきっかけになる

と、どんな人にとっても損な結果にはなりません。

 

「保険額を安くしたい!」と考えている方は、

以下のバナーからインズウェブ で一括見積りを試してみて下さい。

【にほんブログ村のランキングに参加しています】

記事が「面白かった!」「参考になった!」という方は、ボタンをポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※当サイトはリンクフリーです。

引用の際はページへのリンク(URL)をお願いします。

自動車保険
シェアする
スポンサーリンク
【私は小銭を稼ぎたい!】