【ドラゴンボール】作中に登場する懐かしの車×10選!(メカメカしい車が堪らんっ!)

※アフィリエイト広告が含まれる場合があります。
その他
この記事は約25分で読めます。

ドラゴンボールを読んでいると、

車がめちゃくちゃ魅力的に書かれています。

特に本編とは関係なくマニアックな車が登場します。

絶妙なデフォルメがまたいい。

 

作者の鳥山明先生は面倒くさがりで有名で、

悟空をスーパーサイヤ人にした理由として

「髪をベタ塗りするのが邪魔くさかった」

というのはファンの間では有名な話です。

 

それなのに作中に色んな車が出てきて、

しかもそれがしっかりと書かれているということは、

車への愛がスゴイ。

 

という事で、今回はドラゴンボールに出てきた「実在の車」を紹介していきます。

マニアックな車種がいっぱい登場するので、

おら、ワクワクしてきたぞ。

 

大人買いして、全巻一気に読みたい方はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
【この記事を書いた人】

40代年の差婚のブロガー兼サラリーマン。
①VWゴルフを2台続けて所有:ゴルフ5 TSI:2010~2015年 ⇒ ゴルフ7 1.4TSI Highline
②元ブラック企業の社畜⇒転職して現在はゆるゆるの壁際族
③商品/サービスの価格推移についても記事にしています

米俵 純一@年の差婚ブロガーをフォローする

第1巻:ルノー・サンクターボ

記念すべき(?)ドラゴンボールに登場する車の1台目は

「ルノー・サンクターボ(Renault 5 turbo)」です。

ボディのサイドやリアの

「TURBO」のロゴがザ・80年代。

ブルマの初登場のシーンで、

乗っていたのがこのルノー・サンクターボです。

 

ルノー・サンクはフランスのごく普通のファミリーカーですが、

このサンクターボはそんな生易しいモノじゃありません。

  1. 元々はフロントに積んでいたエンジンを、
  2. 後部座席をぶんどってそこにエンジンをぶち込んでミッドシップ化!
  3. 旋回性能を上げるためにごっついオーバーフェンダーを付けて、
  4. ノーマルで93馬力だったのを、ターボを付けて160馬力に強化!!

という、半ば狂った車です。

ホットハッチ好きには

“堪らない車”でもあります。

第1~2巻:フィアット・アバルト595

そして1巻には、もう1台の”堪らない”ホットハッチが登場します。

牛魔王の城に向かう時に乗っていたのが

「フィアット・アバルト595(FIAT ABARTH 595)」です。

ドアの内側や、ペダルの

リアルな書き込みがそそります。

 

ルノー・サンクターボと同様に

このフィアットもメーカーがカリカリにチューンした車です。

フィアット・チンクエチェントの中でも、ノーマルのフィアット500ではなく、

フィアット・アバルト595を登場させるあたり、

堪らんです。

 

そして、悟空が初めてかめはめ波でぶっ壊した車

フィアット・アバルト595でもあります。

スポンサーリンク

第3巻:スーパーセブン、ビートル、トライアンフTR4

第3巻ではついに天下一武道会が始まるので、

作中に車が出てくるような場面が少なくなってきます。

その代わりに、トビラページに3台の名車が登場しています。

鳥山明先生が、

車を書かないとストレスが溜まんですかね。

ケータハム・スーパーセブン

1台目はケータハム・スーパーセブン(CATERHAM SUPER SEVEN)です。
かなりデフォルメされていたり、空を飛んでいたりしますが、
デザインソースはスーパーセブンかと思われます。
 
1957年にロータスで生産が開始されて、その後製造がケータハムに変わり、、、
なんと2022年現在も製造されている息の長い名車です

ほぼ半世紀も作られていますね。

山道で見かけたら、絶対他とは間違えようがありません。

個性の塊です。

 

スポンサーリンク

フォルクスワーゲン・ビートル

2台目はフォルクスワーゲン・ビートル(Volkswagen Beetle)です。
こちらは半世紀以上作られた大衆車の名車です(1938年~2003年)
 
累計生産台数としては世界一だそうで、
いまでも時おり街で見かけます。

空冷エンジンのバタバタバタ、、、

といった音がイイです。

スポンサーリンク

トライアンフTR4

3台目はトライアンフTR4(Triumph TR4)です。
イギリスのスポーツカー=ライトウェイト のイメージが強いですが、
このTR4は車重は1tを越えて、排気量も2100ccを越えたりと、
意外と大きい車です。
 
作られたのは1960年代と古いので、
実車を見た記憶はないです。

あるとすれば、

ヒストリックカーイベントで見た事があるくらい。

第4巻:ポルシェ911、トヨタMR2

第3巻に引き続き、第4巻も天下一武道会を中心に話が進んでいくので、

なかなか車が登場する場面がありません。

無理やりトビラページで登場させるあたり

「愛」を感じます。

ポルシェ911(930型)

まずはポルシェ911・930型(Porsche 911・930Type)です。
930型はテールランプの角やバンパーが「カクカク」っとしているのが、
80年代っぽくてイイですね。

力強いオーバーフェンダーも

男性的なセクシーで堪らんです。

スポンサーリンク

トヨタMR2(初代)

第4巻の2台目はトヨタ・MR2(TOYOTA MR2)の初代です。
アラフォーのボクにとっては「MR2」というと、
流麗な2台目が思い浮かびますが、
カクカクっとした初代もまたイイですね。

バンパーとリアスポイラーが黒いので、

「前期型」だと思われます。

第8巻:ACシェルビー・コブラ

ACシェルビー・コブラ(AC Shelby Cobra)といえば、

綺麗なブルーメタリックのボディーカラーが有名ですね。

 

第8巻の表紙で、そのブルーメタリックの車体が書かれていました。

ドラゴンボール全42巻の中で、

表紙に最初に登場するのがこのシェルビーコブラです。

 

こちらが実写です。

カッコよすぎて泣く。

 

シェルビー・コブラは1960年代に発売されたスポーツカーですが、

なんと現在でも新車が販売されていて、シェルビー・アジアで購入できます。

第12巻:ホンダ・ライフステップバン

表紙では2台目の登場となるのが、

ホンダ・ライフステップバン(LIFE STEP VAN)、通称ステップバンです。

 

現代で言えば「軽トールワゴン」というカテゴリーで、

1993年のスズキ・ワゴンRの発売以来 一般的になったカテゴリーです。

 

このステップバンのすごいのは、同様のアイディアを1972年に販売していたこと。

発売するのが早すぎた車。

 

この表紙に出てくるステップバンは、

アメリカンにカスタムしているのが

カッコいい!

第13巻:スズキ・ジムニー

13巻の表紙は、日本の誇る名車「スズキ・ジムニー(Jimny)」です。

カンガルーバンパーが

1980~90年代の雰囲気ですね。

 

ジムニーといえば、2018年に発売された4代目が大人気だそうです。

大人気すぎて、納車まで1年待ちだとか。

13巻の表紙で描かれているのはジムニーの「2代目」です。

車&軍モノの大好きな鳥山明先生らしいチョイスですね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ドラゴンボールに出てくる実在の車を紹介してきました。
どの車も絶妙にデフォルメされつつ、詳細まで描き込まれていました。

車への愛が感じられます。

 
ドラゴンボールから派生して数多くの作品、商品が世に出ています。
別記事では関連ゲームのパッケージや価格をまとめています。
【ドラゴンボール】関連ゲーム/全67タイトルのパッケージから価格まで完全網羅!
2024年現在までに発売された『ドラゴンボール』関連のゲーム×67本の情報をまとめています。 各ゲームの①タイトル、②パッケージ、③発売日、④価格、⑤対応ハード、⑥売上本数について記載しています。
 
ドラゴンボールといえば週刊少年ジャンプの黄金期を作り上げた作品です。
週刊少年ジャンプが当時からどれだけ価格があがったのか、別記事でまとめています。
【週刊少年ジャンプ】の1968年の創刊以来の価格推移と物価の上昇について
週刊少年ジャンプの創刊以来の価格推移をまとめました。 1968年(創刊時)の90円⇒2023年現在は290円と、55年間で値上げが繰り返されて約3.2倍になりました。 【私は小銭を稼ぎたい!】では平均値上がり率から、今後の価格推移も予想しています。

【にほんブログ村のランキングに参加しています】

記事が「面白かった!」「参考になった!」という方は、ボタンをポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※当サイトはリンクフリーです。

引用の際はページへのリンク(URL)をお願いします。

その他
シェアする
スポンサーリンク