【こんな会社はすぐ逃げるべき】零細企業で社長がワンマンすぎた会社の末路

その他
スポンサーリンク

私が勤めているのは、社員10人ほどの零細企業です。

零細企業あるあるでしょうが、

弊社では創業者である社長がワンマンで「絶対権力者」です。

社長には誰も逆らえないおかげで、

息子である若様には、数々の信じられない言動があります。

 

もし、このページを読んでくれている人の会社で、

同じような社長や若様がいるなら、

迷わず、さっさと逃げて下さい。

そんな会社には、ロクな未来はありません。

スポンサーリンク

社内で会長のことを「パパ」と呼ぶ

40後半の若様は、社長のことを「パパ」と呼びます。

プライベートでどう呼ぼうと勝手ですが、さすがに社内では…と思いますね。

もちろん、敬語も使いません。。。

トイレに行くと最低でも10分は帰ってこない

何をしているかというと、トイレでスマホで遊んでいるようです。

しかも、会社はフロアにトイレが1つしかない雑居ビルに入っているので、

若様がトイレに行くと、他の人は10分程トイレに行けなかったりします。

注意すると

「なんでダメなんや!?」

とキレられたこともあります。

「会社のトイレが暑い」と言うと、クーラーが設置される

職場は古い雑居ビルに入っているので、

トイレには空調は付いていません。

そこで、若様が「トイレが暑い」と文句を言うと、

こんなクーラーが設置されました。

トイレがめっちゃ狭くなりました(笑)

しかも、クーラーをトイレの床に置くと、トイレ掃除の際に水浸しになるのはアカンとのことで、

設置するための台を鉄工所でオーダーしたようです。

クーラーと台を合わせると、

15万くらいしたそうです。

ちなみに、業績が悪いので給料は上がりません。

「マウスで手荒れが気になる」ので、1個1万円のマウスが支給される

業務ではずっとパソコンを使っているため、

若様はプラスチックのマウスによる手荒れが気になるそうです。

そこで弊社では、1つ1万円もする木製のマウスが支給されました。

ちなみに、

クリック感や持ち心地など、

恐ろしく使いづらいです(笑)

他の社員は長時間勤務なのに、若様はパパと一緒に定時で帰る

零細企業にありがちですが、

弊社は紙文化が根強く、お世辞にも効率よく業務をこなしているとは言いにくいです。

その結果として、長時間労働が普通に行われているのですが、

若様はパパと一緒に帰るために、定時に退勤します。

そのために、定時が近づくと、

周りが若様に気を利かせてバタバタとフォローしだします。

ちなみに、やり繰りを工夫して私が早くに帰っていると社長に、

「みんなは遅くまで頑張っているのに、君は…」

と有難い言葉を頂きました。

「隣の席が気になる」ので、高さ2.0mのパーテーションが設置される

バカ高いパーテーションのおかげで、周囲の目線は全然気にならなくて、

社内はさながらマンガ喫茶のようです

おかげで、業務中でもネットを見放題です。

「忘年会に行きたくない」との一声で、社内の忘年会が撤廃される

若様が「忘年会に行きたいくない」と言うだけで、

会長命令で、その年から忘年会は無くなりました。

 

忘年会は無くなりましたが、社長と若様と女性陣を除いた5人で、

「幹部会」という暴力団みたいな名称の忘年会が出来ました。

たった10人の会社で、

そのうちの5人が参加させられる「幹部会」ってなに?

若様に少し厳しく指導すると担当を外されて、二度と一緒に仕事が出来ない

業務の立て込んでいる時期に、

  • 〇〇と〇〇の業務をして欲しい
  • 必要事項、注意事項を箇条書きで説明したメモを付けて

若様にお願いしたことがあります。

もちろん、定時に上がれるようにサポートしつつです。

 

これ以来、私は若様と仕事をする機会は無くなりました。

納得できるモノを作りたいので、急かされたくないとの事でした。

いや、他の業務…

コロナ禍で若様は完全にテレワーク、他の社員がテレワークすると非難される

コロナ禍になって以来、若様は完全にテレワークです。

私は子供が誕生したのと、コロナ禍を理由にテレワークに切り替えました。

零細企業で育休を取るということ(男が育休取ったって悪くない!)
以前に比べると、男性の育児参加が話題になることも多くなってきましたが、平日の病院平日の公園ショッピングモールのベビールームこのような場所で、お父さんが赤ちゃんの面倒を見ている姿は、まだまだレアです。私自身...

そこで私が社長に言われた言葉は、

  • 仕事は顔を突き合わせてするものだ
  • 職場に行って、職場の雰囲気を盛り上げるのも仕事のうち
  • 楽する事ばかり考えてたら、会社つぶれるぞ!?

うん、若様は!?(笑)

会社で「パパお金」と催促に行く

お金が無くなると、若様は社長室に行って、

「パパお金!」

と催促しています。

 

本人に恥の意識はないので、

これをオフィスでする事もしばしばです。

まとめ

以上、創業者である社長がワンマンすぎることにより、

息子である若様が数々のバカな言動をしている件でした。

 

この様な会社ですから、社内では80歳になる社長が絶対権力者であり、

誰も社長の意に逆らうことはしません

 

弊社の重大な問題は、若様の言動ではなく、

  • 時代から取り残された、80歳の感覚で経営が行われている
  • 業績や業務の効率化ではなく、社長と若様に気にいられることが大切

という2点です。

 

その結果として、

  • 長時間労働
  • 前時代的な紙文化
  • 会社のホームページもSNSもない
  • 求人はハローワークと人づてのみ
  • 平均年齢=57歳
  • 景気のいい時でも、少し黒字になるのがやっと

という、昭和感溢れる未来もへったくれもない会社になっています。

当然の結果ですが、

コロナ禍になってからの業績は真っ赤っかです。

 

もし、このページを読んでくれている方の会社で、

同じようにワンマンすぎる社長がいるのであれば、

遅かれ早かれ、同じように未来のない状況に追い込まれます

大塚家具みたいに大きな会社でも、

ワンマン社長のおかげでボロボロになったのは

記憶に新しいところですね。

 

こんな会社はさっさと逃げてください。

残念ながら、改善されることは絶対にありません。

そう、ワンマン社長が亡くならない限り。。。

タイトルとURLをコピーしました