【withコロナ時代のリスク対策】ウーバーイーツの配達員を始めて、会社員の一歩向こう側へ

副業で小銭を稼ぐ!
スポンサーリンク

休みの日に、不定期でウーバーイーツの配達員をしています。

私自身、普段は会社員として働いていますが、

ウーバーイーツの配達員は、withコロナ時代のリスク対策として

非常におススメできる副業だと思っています。

好きな時に自転車に乗って、お金が稼げます。

なによりワクワクするよ!

スポンサーリンク

ウーバーイーツの配達員のメリット・デメリット

ウーバーイーツの配達員のメリット・デメリットは、

メリットデメリット
  1. 好きな時に稼げる
  2. 運動不足の解消になる
  3. 会社の給料以外の収入源になる
  1. 配達した分しか稼げない(多くは稼げない)
  2. 稼ぎたくても、配達依頼がない時がある
  3. 配達中の事故のリスク
  4. ウーバーイーツのバックが部屋の中で邪魔になる
  5. 残業や休日出勤をする方がワリがいい

これらのメリット・デメリットを比較して、

以前はウーバーイーツの配達員を辞めています。

その際のことは、

【失敗談】ウーバーイーツの配達員をして学んだこと

で記事にしています。

【失敗談】ウーバーイーツの配達員をして学んだこと
ほんの少しの期間だけですが、ウーバーイーツの配達員をしていました。もともと自転車が趣味だったこともあり、それなりに楽しんでいましたが、サラリーマンの副業としては失敗だったというのが、私の結論です。ウーバーイーツの配達員のメリット、デメ...

が、1年前とは全く状況が変わってきたので、

ウーバーイーツの配達員を再開しています。

コロナ渦であらためて分かったこと

個人的な感覚ですが、

約10年に1度、予期しない事故や災害といった厄災が起こります。

コロナ渦もまったく予期しない厄災でした。

コロナ渦であらためて分かったことが、

  • 会社は簡単につぶれる
  • 会社自体がヤバいときは、社員まで守ってくれない

つまり、会社からの給料だけに頼っていると、

予期しない厄災が起きると、簡単に生活が破綻することになります。

 

厄災はだれにも等しく襲い掛かるので、

  • いつ会社がつぶれても何とかできる状態にしておく

ように、普段からの対策、

例えば、

  • 固定費(住居費、光熱費、通信費)を抑えておく
  • 給料以外に複数の収入源を持つ

といった対策が必要となります。

 

とはいえ、

住宅ローンもがっつり残ってるし、

今の仕事以外に何したらいいか分からないし…

これ、某大企業に勤める高給取りの友達が嘆いていた言葉です。

こんな人でも、

  • すぐに始められて
  • ある程度の額が稼げる

それがウーバーイーツの配達員です。

withコロナ時代にウーバーイーツの配達員がおススメできる5つの理由

会社員の副業として、

ウーバーイーツの配達員がおススメできる5つの理由とは、

  1. 会社の給料以外の収入源となる
  2. テレワークによる鬱症状の対策になる
  3. ウーバーイーツの配達員そのものをネタにして、情報発信できる
  4. ウーバーイーツの配達員をすることで、バイタリティが身に付く
  5. 会社の外でも稼ぐことが可能だと実感できる

順番に解説していきます。

会社の給料以外からの収入源となる

私が今まで配達した経験では、

ウーバーイーツの配達員を時給換算すると、時給1,000円以上は充分に期待できます。

しかもこの金額は、

  • 配達回数は15回程度と多くない
  • 配達員としてのスキルはまだまだ改善できる
  • 注文のさほど多くない郊外を中心に配達している
  • 単価がアップする時間帯、エリアを狙っていない

と、改善点はいっぱいあります。

それでも、時給1,000円以上は稼げています。

 

仮に1日3時間、週2日配達すると、

  • (1,000円×3時間×2日)×4週間=24,000円

と、1か月で2.4万円が稼げることになります。

配達に慣れたり、都市部で配達すれば、

もっと効率よく稼ぐことも可能だよ。

自分のおこづかいくらいなら、

ウーバーイーツの配達員で稼ぐことは充分に可能です。

テレワークによる鬱症状の対策になる

コロナ渦を機に、自宅でのテレワークに切り替えた人も多いと思います。

ここで問題となってくるのが、

  • 運動不足
  • 太陽の光をあびる時間の不足

から引き起こされる心身の不調。

実は私もガッツリやられました。

体重は3kg増え、

日当たりの悪い部屋の仕事で、鬱々としてました(笑)

 

 

ウーバーイーツの配達員をすることにより、

野外で有酸素運動を数時間することになります。

ウーバーイーツの配達員なら、

運動不足を解消して気分転換をしつつ、お金を稼ぐことが出来ます。

ウーバーイーツの配達員そのものをネタにして、情報発信できる

ウーバーイーツの配達員のデメリットとして、

「配達した分しか稼げないので、多くは稼げない」

という点をがあります。

ところが、ウーバーイーツの配達員をネタにして、

  • SNS
  • note
  • youtube
  • ブログ

で発信することにより、配達した分以上に稼げる可能性があります。

 

例えば、フェンシングでロンドンオリンピックにも出た三宅諒という選手ですが、

ウーバーイーツの配達員を始めたことで、テレビやネットニュースに出たりと有名になりました。

【アスリート×Uber Eats】僕が自分で稼ぐ理由。やってみてわかったこと

youtubeも見ましたが、

スポーツ選手からはなかなかイメージしにくい「哲学」の話も出てきたりと、

面白い動画でした。

 

ウーバーイーツの配達員である程度の額を稼ぎつつ、

ウーバーイーツの配達員をネタにマネダイズを狙う

というのも、現在なら可能性があります。

ウーバーイーツの配達員をすることで、バイタリティが身に付く

ウーバーイーツの配達員の仕事の流れは、

  1. 配達依頼の通知がスマホに来る(まだ何を運ぶか分からない)
  2. 「配達する」を選択すると、どこのお店からの依頼か分かる(まだどこに運ぶか分からない)
  3. 一人でお店まで食事を取りに行く(やっと、どこに運ぶのか分かる)
  4. ウーバーの地図アプリを見ながら、依頼主宅まで食事を慎重に運ぶ(知らない道を走ることもしばしば)
  5. 依頼人宅に着いたら、チャイムを押してお届けする(もちろん知らない人)

実際に配達すると、なかなかドキドキしますが、

繰り返すことによって、バイタリティも身に付きますよ。

道に迷っても地図アプリで何とかなるし、

家を間違えたら謝ったらいいだけ(笑)

会社の外でも稼ぐことが可能だと実感できる

これ、会社員を長く続けていた人にとっては、けっこう画期的なことです。

10年~20年、もしくはそれ以上、

会社からの給料以外に、お金を受け取ったことのない人もいます。

長い事、会社勤めをしていると、

自分の時間を差し出して、

文句を言わずに仕事をした我慢料=給料

といった考えになりがちです。

 

自分自身の経験ですが、

初めてウーバーイーツで配達している最中は、

こんなんでホントにお金もらえんの?(笑)

と不思議な感覚でした。

もちろん、ちゃんと銀行口座にお金が振り込まれます

まとめ

以上、会社員の副業として

ウーバーイーツの配達員をおススメする5つの理由は、

  1. 会社の給料以外の収入源となる
  2. テレワークによる鬱症状の対策になる
  3. ウーバーイーツの配達員そのものをネタにして、情報発信できる
  4. ウーバーイーツの配達員をすることで、バイタリティが身に付く
  5. 会社の外でも稼ぐことが可能だと実感できる

です。

 

会社からの給料がなくなる事を不安に思っていても、

お金は稼げるようにはなりません。

いざ、会社からの給料が減ったりなくなってからでは、

「時すでに遅し」です。

給料が減っても、

頑張ればウーバーで7~8万くらいは稼げるわ。

と思えるだけでも、精神安定剤となりますよ。

 

今ならポイントサイトの「モッピー」を経由して、

ウーバーイーツの配達員を始めると、

大量のポイントを貰うことができます。

 

初回の配達を完了するだけで、これだけのポイントが貰えますので、

ポイントを貰うまでの難易度も高くないですし、

この機会に経験してみるのもイイのではないでしょうか?

もし私が未経験だったら、

間違いなく飛びつきます(笑)

タイトルとURLをコピーしました