35歳を越えてからの婚活⇒結婚するためにした事×7つ【がむしゃらにやった】

※アフィリエイト広告が含まれる場合があります。
【体験談】35歳以上の婚活
この記事は約8分で読めます。

35歳を越えて婚活している男性には耳の痛いワードですが、

「35歳結婚限界説」

というものがあります。

なんでも、35歳以上の男性が結婚できる確率は3%との俗説があるようです。

ボクも何度も言われましたが

跳ね返して結婚しました。

 

実際に35歳を越えて婚活している男性の中には、

  • イイなと思う女性がいてもなかなか進展しない
  • 若い頃よりもいい雰囲気になる事が減った気がする
  • そもそもイイなと思う女性に出会う事が減った

といった悩みを抱えている方も多いと思います。

 

35歳を越えてから婚活した甲斐があって結婚できたボクですが、

特別スペックが高かったワケではありません。

というか、恋愛面では完全に周回遅れの劣等生でした。

  • 学生時代はほとんど女子と話す機会なし
  • 25歳まで彼女なし
  • 30歳まで女性経験なし
  • 35歳になっても独身、実家くらし

我ながらなかなか情けないヤツです↑↑↑

 

そんな恋愛劣等生のボクでも、今から紹介する7つの方法を実践しまくって、

35歳で婚活を始めて結婚する事ができました。

いずれも恋愛劣等生でも実行可能な方法です。

高等な駆け引きは不要です。

とりあえず付き合ってみる

ボクに限らず35歳で結婚したくても出来ていない男性は、

恋愛に関して慎重に考えすぎな傾向があります。

 

35歳と年齢的にハンデを背負ってしまっているので、

今までと同じように慎重に考えていたら、、、

マジでなんにも始まりません。

なので「慎重に考える」という習性をムリヤリ変える必要があります。

 

もし今までが、

  • 自分の中で90点以上の女性となら付き合う事を考える

だったとしたら、これからは、

  • 60点以上なら付き合ってもOK!

にして下さい。

慎重なあなたなら、

それでも80点くらいの相手しか選ばないハズ。

 

35歳以上の男性の婚活が厳しい理由、

でもまだまだチャンスはある事について、以下の記事で説明しています。

35歳からの婚活 ホントに厳しい?婚活を1年半経験して実感した事【がむしゃらにするしかない】
...

休日はデートか合コンの予定で埋める

35歳まで独身だったなら、

今まで休日に趣味などで使っていた自分時間が少なからずある事でしょう。

そんな休日の生活を大きく変える必要があります。

なぜなら最も婚活に時間を充てられるのは休日だから。

 

ボクも婚活を始めるまでは趣味のために時間を使っていましたが、

「結婚したい!」

と決意してからというもの、休みは全てデートか合コンの予定で埋めていました。

 

ただし、どれだけ決意しても、

人間は弱い生き物なのですぐに元の生活に戻ってしまいます。

タバコが辞められなかったり、

ダイエットが続かないのと同じです。

 

なので、本当に結婚したいのであれば、

デートか合コンの予定を入れて強制的に生活を変えてしまうのが一番効果的です。

平日は仕事を終わらしてデートか合コンに参加する

休日を強制的に変えてしまったなら、次は平日です。

 

平日に仕事があったとしても、

少なくとも夜に数時間は自分のための時間があるハズです。

もし時間がないのであれば、仕事をちょっとでも早く終わらせる事をおススメします。

 

世の中には結婚したい男性はいっぱいいますが、

平日も婚活に充てようとする男性はさほど多くありません。

平日にデートに誘えるだけで、

ライバルから一歩抜け出す事ができます。

知り合った女性たちとひたすらLINEで連絡する

休日も平日もそれだけデートや合コンをするためには、

それ以外の時間でボーっとしてたら到底ムリです。

 

なので、ボクはひたすら知り合った女性たちとLINEをしていました。

最も多い頃には、10人以上の女性と同時進行でLINEをしていました。

ほぼ営業活動でした。

 

なにも全員を口説いていたワケではなく、

  • 趣味や美味しいお店などのなにげない話
  • 最近どんな婚活をしているか
  • お互いに独身の友達がいないか

といった事を話していました。

LINEしまくったおかげでデートできた人もいれば、

合コンを開催できた人もいました。

 

ここまで行動をしていると、相手にされない事はまったく何も感じなくなります。

世の中には自分の好みの人なんて、

いっぱいいるんだと実感できました。

友達全員に「結婚したい!」と話す

それだけ女性とLINEをしていても、

ある時ㇷと連絡する女性のいない期間が訪れます。

もともと恋愛劣等生なので、

会話テクニックがない。

 

それを乗り越えて、女性との出会い続けられたのは、

友達全員に「結婚したい!」と話していたからです。

 

友達に「結婚したい!」と話すことで、

  • 独身の女友達を紹介してくれる友達
  • 合コンや街コンに一緒に参加してくれる友達

も少なからずいました。

 

ちなみに、多くの友達に「結婚したい!」と話すために最も効果的なのは、

「同窓会を開催する」です。

一気に10人以上に話せるので効果的です。

マッチングアプリを最大限に活用する

リアルでなかなか女性と出会う機会を作れなかった場合でも、

今なら女性と知り合う方法があります。

最も手軽なのはマッチングアプリです。

 

最近はだいぶ世間の理解も進んできましたが、

ボクが婚活をしていた頃は、ちょっと後ろ向きなイメージがありました。

もしかすると、今でもそんな感覚の人もいるかもしれません。

 

でも、

大切なのは出会い方じゃなく、

出会ってからどのような関係を築くか?です。

 

当時は3つのマッチングアプリに課金して、

可愛い!

と思った女性に片っぱしからイイねをしたり、メッセージのやり取りをしていました。

 

ちなみに、ボクの考えるマッチングアプリの最大の利点は、

自分の好みの容姿の女性にのみアプローチを掛けられる事です。

目いっぱい、高望みしましょう。

デートや合コンの予定が無くなったら婚活パーティに参加する

ここまで色々動いてても、なにも予定のない休日が訪れることもあります。

そんな時には婚活パーティに参加していました。

 

今では婚活パーティもウェブで前日に申し込むことも出来ますので、

予定のない休日はもちろん、

次の合コンまでに空き時間が出来てしまった場合にも参加することも可能です。

 

婚活パーティというと、

  • 可愛いコ来るん?
  • サクラばっかちゃうん?
  • 色んな人と数分ごとに話すなんて疲れそう

とかネガティブな事を言う人もいますが、

そんな人には声を大にして言いたい事があります。

そんなんやから結婚できへんねん!

 

婚活パーティで知り合った女性と進展はしなくとも、

合コンにこぎつけられる可能性もありますし、

少なくとも女性と会話する練習にはなります。

習うより慣れろです。

 

別記事にて、10回以上婚活パーティに参加した経験から、

婚活パーティの必勝法×3つを紹介しています。

【必勝法】婚活パーティーに10回以上参加して実証した方法×3選
...

まとめ

以上、35歳を越えて婚活していた当時に、ボクが実践していた7つでした。

まとめると以下の7つです。

  1. とりあえず付き合ってみる
  2. 休日はデートか合コンの予定で埋める
  3. 平日は仕事を終わらしてデートか合コンに参加する
  4. 知り合った女性たちとひたすらLINEで連絡する
  5. 友達全員に「結婚したい!」と話す
  6. マッチングアプリを最大限に活用する
  7. デートや合コンの予定が無くなったら街コンに参加する

 

正直な話、35歳を越えての婚活は年齢面でハンデを背負っています。

もし、そのハンデを覆すほどの好スペックをもっていないのであれば、

行動量で補うしかありません。

 

「35歳結婚限界説」と言われるものの、

実際には、35歳以上で結婚した友人は結構います

もし、婚活が上手くいってない人も、

上手くいくまで諦めないで下さい。

【にほんブログ村のランキングに参加しています】

記事が「面白かった!」「参考になった!」という方は、ボタンをポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※当サイトはリンクフリーです。

引用の際はページへのリンク(URL)をお願いします。

【体験談】35歳以上の婚活
シェアする
スポンサーリンク
【私は小銭を稼ぎたい!】