【ガリバー】オンラインでの中古車買い取り査定を体験して分かったデメリットとメリット

※アフィリエイト広告が含まれる場合があります。
その他
この記事は約6分で読めます。

2022年現在、車がなかなか購入できない状況だそうです。

  • 新車がなかなか手に入りにくくて、最低でも2~3ヶ月待ち
  • すぐ手に入る中古車は価格が高騰している

ことを過去記事でも紹介していました。

新車が手に入りにくい?中古車市場が高騰している?いま車を購入するのはアリ!?
...

 

中古車が高騰しているなら、

ウチの車ってなんぼで売れるの?

って気になりますよね?

 

そこで、中古車販売で有名な【ガリバー 】にてネット査定をしてみました。

ごく簡単に出来たので、

気になっている方は参考にして下さい。

ガリバーのオンライン査定について、こんな不安ないですか?

ガリバーならオンラインで、

愛車の”概算の買い取り価格”を教えてもらえます。

 

でも、ガリバーのオンライン査定を検討しているものの、

こんな不安を感じている人はいませんか?

  1. ホントにネットだけで、すぐに価格を教えてもらえるの?
  2. しつこい電話営業はないの?
 
上記のような疑問をボクも感じたので、

実際にオンライン査定をやってみました。

 
この記事では、
  • オンライン査定のデメリットとメリット
  • オンライン査定のやり方
  • ホントに中古車の買い取り価格は高騰しているのか?
が分かります。

ガリバーのオンライン査定の手順

まずはオンライン査定の手順について、簡単に説明しておきます。

手順はとしては、

  1. ネットで問い合わせ
  2. 24時間以内にガリバーから電話で概算金額を教えてもらえる
  3. 車を実際に査定して正確な買い取り額を査定
  4. 売却する or しないを決定(売却後は最短2日で入金される)

と4ステップです。

実際の問い合わせ方法については、後ほど説明しています。

オンライン査定のデメリット

まずは、デメリットから挙げていきます。
  1. オンライン査定といいつつ、電話が必要
  2. 電話ではすぐに金額を教えてくれずに、営業マンを派遣したがる

オンライン査定ちゃうやん。

と感じる方もいると思いますが、
ちゃんとメリットについても後ほど説明します。

オンライン査定といいつつ、電話が必要

電話がイヤだからオンライン査定をしようとしている人にとっては、

これって大きなデメリットですよね。

ボクも電話が本当にイヤでした。

 

 

幸いなことに、電話自体はさほど長いものではありませんでした。

ボクの場合は10分ほどでした。

 

また、救いなのが電話が来るのはガリバーだけなので、

電話は最小で1回だけで済みます。

一括見積サイトから申し込むと、

一気に何社からも電話が掛かってきます。。。

 

電話ではすぐに金額を教えてくれなくて営業マンを派遣したがる

いやいや、電話で概算金額教えてくれるんちゃうん?

と思いますが、
ガリバー側からすると当然の事ではあります。
 
  • 営業マンを派遣して、実際の買い取りに繋げたい
  • 営業マンが顔を合わせておけば、2回3回と電話営業ができる
なので、申し込む側の対策としては、

方針はこちらで決めておくこと。

 
具体的には、
  • まずはオンラインで概算査定額が知りたいだけなのか?
  • それとも営業マンから正確な査定額が知りたいのか?
  • もしくは概算で〇万円以上の額なら、営業マンに査定してもらうか?
 
上記を決めておくと、
つい電話で流されて、望んでもいない方向に話が進むのを防止できます。

望んでいない営業マンの査定は、

顧客にとっても営業マンにとっても不幸な結果ですしね。

オンライン査定のメリット

反対にメリットとしては、
  • 大よその買い取り額の相場を知れる

 

えっ、それって当たり前。。。

と思いガチですが、
実はこれって大きなメリットだったりします。
 
車の買い取り価格って、
  1. 車種
  2. 年式
  3. 走行距離
  4. グレード
  5. 車検が残っているかどうか
  6. 車の実際の状態
など、複数の条件によって買い取り額が全然違います。
 
よって、ネットで検索してもなかなか簡単には相場が分かりません。
ところが、オンライン査定だと1~6から概算金額を教えてくれます。
 
車の状態は、オーナーである自分自身がよく分かっているので、
概算金額から上にいくか、下にいくか推測ができますね。

オンライン査定の問い合わせ方法

それでは、実際の問い合わせ画面について画像を交えて説明していきます。

ネットで問い合わせをする

「35秒カンタン入力!」と謳っているとおりで、入力画面はごく簡略なモノです。

えっ、これだけ!?

と思うくらい簡略です。

 

入力するのは以下の項目です。

  • メーカー名
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • こちらの連絡先

 

上記を入力して「無料査定に申し込む」を押すと、

これだけで申し込みが出来ました。

 

車の買い取り価格に大きく関わってくるハズの、

  • グレード
  • 車検が残っているかどうか

の入力も割愛されています。

ここらへんは電話で聞き取るスタイルかな?

と予想しています。

24時間以内にガリバーから電話がかかってくる

ボクの場合はオンライン査定は夜中に行ったので、
およそ12時間後の、翌日の10時ごろに電話が掛かってきました。
 
予想通り電話では、
  • グレード
  • 車検が残っているかどうか
を聞かれました。
 
前述のように、
電話では営業マンを派遣しての査定をさかんに勧められましたが、
今回はお断りして、概算の買い取り価格を教えてもらました。

ちょっと我を通すことも必要です。

概算の買い取り価格はどうだったか?

では、教えてもらった概算金額はどうだったんでしょう?

 

今回、オンライン査定してもらったわが家の車は、

  • 車種:フォルクスワーゲン・ゴルフⅦ
  • グレード:TSIハイライン
  • 色:赤
  • 年式:2013年
  • 走行距離:78000キロ

外車の大衆車は、年式が経つと大して査定が出ません。

まだまだ気に入っているけど、

これが現実。

 

 

以前は旧型のゴルフに乗っていたのですが、

その時には、

ディーラー査定でオマケで10万円

しか値段がつきませんでした。

 

そして、今回教えてもらった概算金額は、

20~50万円!

概算価格とはいえ、以前の2~5倍が出たので、

中古車価格が高騰しているのも頷ける額でした。

まとめ

以上、ガリバーのオンライン査定についてでした。

  • オンライン査定といいつつ、電話が必要
  • 電話ではすぐに金額を教えてくれなくて営業マンを派遣したがる
  • オンラインと電話だけで、大よその買い取り額の相場を知れる
  • 概算買い取り価格は従来の2~5倍の値が付いたので、高騰しているのが実感できた

 

ガリバーのオンライン査定を使用した実感として、

営業マンをすぐに派遣したがるので、人によって合う、合わないはあると思いますが、

営業マンが来て査定して欲しいか、

欲しくないかを決めておく。

これさえ気を付ければ、オンライン査定は便利なサービスと言えそうです。

 

ガリバーのオンライン査定に興味のある方は、以下のリンクからどうぞ。

(ガリバーのオンライン査定を試す)

【にほんブログ村のランキングに参加しています】

記事が「面白かった!」「参考になった!」という方は、ボタンをポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※当サイトはリンクフリーです。

引用の際はページへのリンク(URL)をお願いします。

その他
シェアする
スポンサーリンク
【私は小銭を稼ぎたい!】