【米国ETF自動積立のための設定】住信SBIネット銀行、SBI証券

スポンサーリンク
ほったらかし投資

【住信SBIネット銀行、SBI証券】米国ETFへの投資を自動化する方法

米国ETFで積立投資をしたい場合、SBI証券と住信SBIネット銀行のサービスを利用することにより、 運用のほとんどを自動化することが出来ます。 米国ETFの積立投資を行うのに、必要な作業は以下の3つです。 【住信SBIネット銀行...
ほったらかし投資

住信SBIネット銀行からSBI証券へのドルの移動方法

住信SBIネット銀行でドル転を行ったドルはそのままではETFを買い付けることは出来ません。 ドルを住信SBIネット銀行→SBI証券に移す必要があります。 ここではETFを買い付けられるように、ドルをSBI証券に移す手順を解説していきます。 ...
ほったらかし投資

ETFの自動積立の設定方法(SBI証券)

ここではSBI証券での、ETFの積立投資の設定方法を解説していきます。 ETFの自動積立はSBI証券のみのサービスです。 ETFの買い付けを自動化することで、ほったらかし投資が可能になりますね。 長期投資をするためには、自動化できるところは...
ほったらかし投資

住信SBIネット銀行の外貨積立の設定方法

住信SBIネット銀行の「外貨積立」の設定方法について、画像を使って説明していきます。 外貨積立が自動化できますし、買付けの上限金額を設定したりするのも可能です。 ①「商品・サービス」タブより「商品・サービス一覧」をクリックする。 ②「...
ほったらかし投資

なるべく楽に、お得にドル転する方法について

「金のなる木」を作りたくて高配当ETFであるHDVとSPYDを毎月積み立て購入しています。 アメリカの株式市場に上場されているETFを買い付ける際には、 円のままでは買い付けることができないので、 円で米ドルを買い付ける必要があります。 ...
【米国ETF自動積立のための設定】住信SBIネット銀行、SBI証券

SBI証券でのETF買付け手順(①米ドル購入)

ETFを購入する際は米ドルで買い付ける必要があり、日本円→米ドルに変換するにあたり為替手数料が発生します。 実は米ドルをどこで購入するかによって、為替手数料が全然違うんです。   手数料(片道) 100万円購入時の手数料 SBI...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました